外 来

診療科目のご紹介

詳しくは診療科目をクリックしてください。

■内科

私たちは地元に密着した病院として、患者さまとのコミュニケーションを大切にして、親切にあたたかく接しながら、幅広いご相談をいただけるように努めています。
得意分野を持ちながら、一般内科全般を治療できる医師が揃っています。
生活習慣病(糖尿病、高血圧など)、循環器、呼吸器、神経、消化器疾患まで幅広い領域のご相談に対応していきます。
地域の患者さまから親しみを持っていただき、安心して治療を受けていただける内科を目指しています。

■外科

外科は、手術や処置によって外傷やさまざまな疾患を治療する診療科です。京都八幡病院の外科は、一般外科と専門性を兼ね備えた役割を担っています。
一般外科は、消化器、乳腺、肺、内分泌など幅広い範囲の疾患の診療をします。どんなことでもお気軽にご相談ください。 さらに、食道がん、胃がん、大腸がん、肝臓がん、膵臓がんなど、消化器のがんの手術を専門分野としています。

■小児科

地域に密着した医療機関として、気軽に相談できる小児科を目指しています。小児はさまざまな疾患が起きます。
また、容態が急変することが少なくありません。小さな症状であっても早く相談いただき、診察することが大切だと考えています。
感染症、アトピー性皮膚炎、喘息など、小児期にみられる多くの疾患に対応しています。

・予防接種のおすすめ(午後予約制にて予防接種外来を実施しております)
子どもたちが不必要な感染症にかからないことと、その感染症を周りに広げないことを目的に、予防接種を積極的にお勧めしています。
日本では、毎年約600人の乳幼児が、Hib髄膜炎を発症しております。その予防としてアクトヒブワクチンの接種も実施しております。
詳しくはこちら