HOME > 施設案内 > 八幡中央病院 > 下肢静脈瘤レーザー治療
八幡中央病院

下肢静脈瘤レーザー治療

最新の血管内レーザー治療を実施しています

最新の血管内レーザー治療を実施しています八幡中央病院では、下肢静脈瘤に対する新しい治療法として、レーザーによる血管内治療法を実施しています。
この治療法は、下肢静脈瘤の原因となっている血管に直径1mm程のレーザーファイバーを挿入し、レーザー照射する事で静脈を熱で閉塞させ、血液の逆流を止めることで、静脈瘤を消失させる治療法です。局所麻酔で行うため身体への負担が少ない手術で、術後の痛みや出血が少なく、手術部位は傷跡がほとんど残らず目立ちません。
当院では念のため1泊入院をお願いしていますが、これまでの実績では術後の痛みや感染症もなく治癒されており、下肢静脈瘤を根本的に治療することが可能です。

下肢静脈瘤の症状

最新の血管内レーザー治療を実施しています・足がだるい・重い・疲れる・火照る
・歩行時や就寝中にこむらがえりを起こす
・(悪化すると)皮膚炎・湿疹・色素沈着・皮膚硬結・潰瘍を来たす


血管内レーザー治療のメリット

最新の血管内レーザー治療を実施しています・手術当日から普段通りの生活ができます
・手術部位は傷跡がほとんど残りません
・術後の痛みや出血が少ない治療法です



従来、血管内レーザー治療は自費診療でしたが、平成23年1月より保険適用となりました。
当院では、国内で初めて厚生労働省により承認されたELVeSレーザーを導入し、当治療法を実施しております。

まずは、当院医師にご相談ください!