HOME > 施設案内 > 学研都市病院 > お子さんからいただいたメッセージ
学研都市病院

リハビリを受けているお子さんからいただいたメッセージ

中学1年生の女の子から

私は2歳のときから京都八幡病院、そして学研都市病院と約10年間、リハビリに通っています。
最初は泣いてばかりでなかなか訓練がうまくいきませんでした。
6歳のとき、手術を受け以前より足が動くようになり、できることがどんどん増えてきました。
普段は車椅子やPCW(歩行器)を利用して移動していますが、クラッチでも少しくらいなら移動
できます。もっともっと楽に歩けるように立位を保てるように、股関節の筋肉を鍛えたり、ひざ立ち
で立位の感覚を感じたり、膝歩きをして体重移動の練習をしています。クラッチで歩行訓練もして
います。ときどきつらくなることもあります。でも、いつもリハビリの先生が私のそばにいてやさしく
はげましてくださいます。
だからがんばることができます。これからもリハビリの先生と一緒にリハビリをがんばって続け
たいと思います。

小学校6年生の男の子から

「きびしくてやさしい先生」。
ぼくは学研都市病院でリハビリをがんばっています。リハビリの先生は厳しいことがときどきあります。ちょっとつらいときもあるけど、ぼくのことを思って良くなるようにと・・・。
一生懸命のやさしい先生です。ぼくもがんばります。