病児保育室 たんぽぽ

ご利用方法

病児保育室を利用するには、事前の登録や予約、医師の診療が必要になります。
詳しくは、以下の利用手順を確認してください。

事前登録

予め、保育室に登録書を提出してください。登録書は、お子さまの基礎的な健康情報を事前に確認するための大切な資料となりますので、有効期限が1年度限りです。必ず利用にあたっての同意書にもサインをしたうえで、各施設で登録手続きを行ってください。

※登録書は、市役所保育・幼稚園課、病児保育室、保育園、幼稚園、こども園、放課後児童クラブにあります。
※利用当日の登録も可能ですが、スムーズな利用のため事前に登録しておくことをお勧めします。

利用予約

利用する前日までに、保育所まで予約してください。

※お子さまに食物アレルギーがある場合は、予約時に必ずお伝えください。
※受け入れ人数に余裕があれば、当日の予約も可能です。
※都合によりキャンセルされる場合は、必ず当日の午前8時30分までにご連絡をお願いします。
(キャンセルのご連絡は留守電に入れていただいてもかまいません。その際は、必ずお子さんの氏名・生年月日・キャンセルする日をお伝えください。)

診察

利用予約後、症状の確認や2次感染防止のため医師の診察を受けることが必要です。健康保険証等を持参していただき、必ず、京都八幡病院の小児科を受診してください。

※連日利用される場合は、容態の急変がない限り、2日目以降の診察は不要です。
※診察の結果感染症と診断された場合、隔離室の利用状況によってはご利用になれないことがあります。

入室

当日、病児保育室には薬や着替えなど必要なもの(下記参照)を持参していただき、受付にて以下の書類を提出してください。

<利用申込書>
利用するにあたって、予定期間や処方されているお薬の情報などを記入していただくものです。連日利用する場合は、2日目以降の提出は不要です。
<連絡票>
お子さまの体調や、病児保育室での様子を記録するものです。利用期間中は、毎日提出してください。

※利用申込書、連絡票は、市役所保育・幼稚園課、病児保育室、保育園、幼稚園、こども園、放課後児童クラブにあります。(八幡市のホームページからもダウンロードできます。)

持ち物

<診察時に必要なもの>

<利用時に必要なもの>

<必要なお子さまは上記の持ち物に加えて>

※お気に入りのおもちゃがあれば持参していただいても構いません。(壊れやすいものはなるべく避けてください。)