HOME > 施設案内 > 京都八幡病院 > 京都八幡病院 人工透析センター 特色
京都八幡病院

特色

合併症に対応できる幅広い診療科

透析の患者さまは眼科、皮膚科、耳鼻科、外科等の疾患を併発されることがあります。
その場合でも京都八幡病院内の専門医が診察、治療にあたることができます。

栄養指導、服薬指導

透析患者さまの治療は食事療法、薬物療法が重要な役割を担っています。
栄養士からの専門的な栄養指導、薬剤師からの服薬指導を受けていただくことができます。

感染症、重症患者さまのための個室

個室感染症の患者さまや急性腎不全など重症患者さまの治療のために個室が2室あります。患者さまのご負担を軽減するため、ベッドで搬送可能な構造になっています。



余裕のあるベッド間隔

余裕のあるベッド間隔車イスがベッドとベッドの間に入れるよう、ベッドの間隔に余裕をもたせています。



液晶テレビの設置

液晶テレビの設置13インチ画面の液晶テレビを設置しています。透析中の時間をテレビを見ながら過ごしていただくことができます。
ブラウン管テレビの場合、患者さまと医療スタッフの間の視線を妨げることがありますが、薄型のために視界が広くなります。
医療スタッフが患者さまの顔を見やすくなり、心の通う医療の実現と患者さまの安全を確保がしやすくなります。



電動ベッド

患者さまご自身で電動ベッドの角度を調整することができます。