HOME > 施設案内 > 京都八幡病院
京都八幡病院

診療科のご案内

診療科目

内科

私たちは地元に密着した病院として、患者さまとのコミュニケーションを大切にして、親切にあたたかく接しながら、幅広いご相談をいただけるように努めています。
得意分野を持ちながら、一般内科全般を治療できる医師が揃っています。生活習慣病(糖尿病、高血圧など)、循環器、呼吸器、神経、消化器疾患まで幅広い領域のご相談に対応していきます。
地域の患者さまから親しみを持っていただき、安心して治療を受けていただける内科を目指しています。

担当医

■院長 中井 雅彦
京都府立医科大学卒業
医学博士、日本糖尿病学会認定 専門医、日本内科学会認定 内科医
内科全般を担当し、糖尿病を専門領域としています。

■内科部長 平山 裕二
京都府立医科大学卒業、京都府立医科大学大学院卒業
内科全般を担当し、神経内科を専門領域としています。

■循環器科部長 家原 敬子
京都府立医科大学卒業
日本内科学会認定内科医
内科全般を担当し、循環器疾患を専門領域としています。

■呼吸器科部長 浅見 則夫
京都大学医学部卒業、京都大学大学院卒業
内科全般を担当し、呼吸器疾患を専門領域としています。

■内分泌代謝部長 橋本 雅生
秋田大学医学部卒業
京都府立医科大学附属病院 第一内科入局
内科全般を担当し、内分泌代謝を専門領域としています。

外科

外科は、手術や処置によって外傷やさまざまな疾患を治療する診療科です。京都八幡病院の外科は、一般外科と専門性を兼ね備えた役割を担っています。
一般外科は、消化器、乳腺、肺、内分泌など幅広い範囲の疾患の診療をします。どんなことでもお気軽にご相談ください。
さらに、食道がん、胃がん、大腸がん、肝臓がん、膵臓がんなど、消化器のがんの手術を専門分野としています。

担当医

■久野 正治
京都大学医学部卒業、医学博士。
日本外科学会 指導医、日本消化器外科学会 指導医。
外科全般を担当し、消化器外科を専門領域としています。

小児科

地域に密着した医療機関として、気軽に相談できる小児科を目指しています。
小児はさまざまな疾患が起きます。また、容態が急変することが少なくありません。小さな症状であっても早く相談いただき、診察することが大切だと考えています。
感染症、アトピー性皮膚炎、喘息など、小児期にみられる多くの疾患に対応しています。

■予防接種のおすすめ(午後予約制にて予防接種外来を実施しております)
子どもたちが不必要な感染症にかからないことと、その感染症を周りに広げないことを目的に、予防接種を積極的にお勧めしています。日本では、毎年約600人の乳幼児が、Hib髄膜炎を発症しております。その予防としてアクトヒブワクチンの接種も実施しております。

  内容 費用
八幡市の
事業
麻しん風しん混合/麻しん単独/風しん単独 窓口負担なし
日本脳炎
任意接種 アクトヒブワクチン 7,350円(税込)
おたふくかぜ
水痘(みずぼうそう)
麻しん風しん混合/麻しん単独/風しん単独
日本脳炎 5,250円(税込)
インフルエンザ 窓口にご確認願います


※八幡市の事業の予防接種を受けられる場合は、八幡市発行の予診表をお持ちください。予診表がない場合は八幡市役所 健康推進課へ事前にご連絡をお願いします。

担当医


■小児療育部長 佐藤 典子
京都府立医科大学卒業、医学博士
日本小児科学会 専門医、日本小児神経学会 専門医
小児科全般を担当し、小児の脳神経疾患を専門領域としています。

■小児科部長 小椋 香苗
京都府立医科大学卒業
日本小児科学会 専門医
日本アレルギー学会 専門医
日本医師会認定 産業医
日本小児科医会認定 子どものこころ相談医

放射線科

放射線科とは

放射線科とは内科、外科、小児科など、さまざまな診療科があります。放射線科はそれらの診療科で受診されレントゲン等の検査をする場合に、画像撮影と所見を行っている診療科です。主治医の依頼を受けると技師が有益な診療情報をもたらす撮影法を選び、迅速に検査を実施しています。現在は医療技術の発達により、さまざまな画像撮影が可能となっています。京都八幡病院では、従来からある一般X線撮影に加え、マルチスライスCT、超音波検査、X線透視検査、血管造影検査、骨密度測定、マンモグラフィなどの検査を行っています。また、診療放射線技師と助手でチームを構成し、医師や看護師と連携し業務を行っています。患者さまと直接接することは少ない診療科ですが、病気の有無等を診断する重要な責任を担っています。有益な検査になるように、技師は一枚一枚の画像に対して真剣に取り組んでいます。

当院の特徴

当院の特徴

1.最新の乳房撮影(マンモグラフィ)装置を導入し、且つ、認定講習を受けた医師、技師が在籍し、高いレベルの診断を行っています。乳房にしこりなどの異常を感じられたときはもちろん、40歳以上の方は定期的な検査をお勧めします。

2.マルチスライスCTにより、短時間で多くの情報を得ることができます。また、三次元ワークステーションにより病変の把握や手術前の検討を行っています。

設備


近隣の診療所様からの検査依頼も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。
ご連絡先 放射線科 TEL 075-971-2001(代表)