京都八幡病院

マンモグラフィによる乳がん検診について

乳がんは、女性の癌でいちばん死亡率の高い疾患です。しかし早期に発見され、治療が行われれば、治癒する割合も高い疾患です。乳がんの検査としてまず行うのが、乳房のレントゲン撮影である「マンモグラフィ」です。京都八幡病院では、最新のマンモグラフィ装置が稼動中、さらに認定放射線技師が2名、認定読影医が1名勤務していますので、高いレベルの検査が実施できます。乳房にしこりなどの異常を感じられた際にはもちろんのこと、40才以上の方には、年1回のマンモグラフィ検診をお勧めします。ご希望の方は、診察時にお申し出ください。

マンモグラフィ Q&A