HOME > 消化器疾患

消化器疾患

消化器疾患とは

消化器疾患は、消化管(食道,胃,十二指腸,小腸,大腸)、
胆嚢、肝臓,膵臓などに関係する疾患です。
これらの臓器に不調が起きると、腹痛や嘔気、食欲不振、下痢、便秘など、なんらかのお腹の症状が起こります。こうした症状を持つ患者さまの治療を行います。

主な疾患


※ その他、消化器には数多くの疾患があります。
早めに診察を受けられることをお勧めしています。

治療技術の進化

内視鏡や超音波、CT、MRI等を使用して診断及び治療を行っています。
内視鏡や治療手技の発達に伴い、消化管の出血やポリープ、早期がん等は内科的に治療することが可能になっています。
また、最近は抗ガン剤も進化しています。手術不能なガンの患者さまでもQOLの向上につながっています。