外 来

診療科のご案内

詳しくは診療科目をクリックしてください。

■整形外科

整形外科は、人体の運動器官の病気や外傷(けが)の治療をする診療科です。 骨、関節、筋肉、靭帯、腱、脊髄、神経、上肢・下肢の血管・皮膚の病気や外傷(けが)を診療します。 病気やケガを治すだけでなく、運動機能を元に回復させることを目指します。 リハビリまで含めた総合的な治療をしていきます。


・初期治療から専門治療まで
患者さまをトータルに診察していくために、各医師は専門分野だけでなく整形外科全般の治療を担います。一方で各医師は脊椎・脊髄疾患、関節疾患などの専門分野を持ち、高度な治療を担っています。全般的な初期治療から高度な専門治療まで、一貫して担っていきます。

・整備された施設
手術室3室(バイオクリーンルーム1室、クリーンルーム2室) MRI(磁気共鳴画像)装置、マルチスライスCT


診療内容
骨や筋肉、神経、靱帯など、原因となる箇所が多岐にわたり、状態もさまざまです。正しい診断を受けるために、CTやMRIなどの検査機器が備えられた医療機関で診察を受けられることをおすすめします。
対応疾患
・脊椎脊髄疾患
・アキレス腱断裂
・膝半月板損傷
・股関節/膝関節疾患
・膝前十字靭帯損傷
・脊髄損傷
・リウマチ性疾患
・足関節外側側副靭帯損傷
・正中神経障害(手根管)
・肩腱板断裂 など

これらの代表的な疾患に対し、まずは薬物治療、神経ブロック、リハビリテーション等の保存的治療(手術なしでの治療)を行いますが、保存的治療で改善がみられない場合や症状が強く日常生活に支障がある場合には、手術治療も行います。


担当医
  • 岡田 欣文 医師

    出身大学:京都大学(平成2年卒業)
    資格:日本整形外科学会専門医
       脊椎脊髄病医
    専門分野:股関節

  • 白数 健太郎 医師

  • 関口 和也 医師

    出身大学:京都大学(平成20年卒業)
    資格:日本整形外科学会専門医
    専門分野:整形一般

■泌尿器科

泌尿器科では、腎臓、膀胱、尿管、尿道などの尿路や、副腎、男性の前立腺や精巣等の疾患を検査、治療します。「最近、尿の調子がおかしい」、「血尿が出る」、「健康診断で異常を指摘された」、など泌尿器に関する症状についての疑問があれば何でもご相談ください。


診療内容

当院では外来、入院で適宜必要な検査や治療を安全にできるだけ痛みが少ない方法で行っています。


ー前立腺疾患についてー

泌尿器科の病気のうち、中高年以上の男性では、前立腺癌や前立腺肥大症による症状が多くを占めます。
近年、前立腺癌の患者さんは増加傾向にあります。早期の前立腺癌を発見することにより根治が期待できます。また排尿に関する症状(頻尿、尿の勢いが悪い、夜もトイレに起きて困るなど)の原因は男性では前立腺肥大症が多く、お薬や手術などにより症状を改善させることができます。


・前立腺の癌検査
まずは外来で、血液検査や超音波検査、MRIなどの検査を行い、必要があれば入院の上、前立腺の組織を採取して細胞を調べる検査が必要になります。


・前立腺肥大症の手術(経尿道的レーザー前立腺蒸散術; PVP)
当院では、従来の電気メスを使用した手術よりも出血が少なく短期間の入院で行える安全性の高い手術方法として、前立腺肥大症に対する経尿道的レーザー前立腺蒸散(PVP)を導入しています。
薬物療法で症状が改善しない方、手術についてご相談希望の方は、従来の手術より安全にできるPVPによる前立腺肥大症手術について是非ご相談ください。


<従来の電気メス手術と比較したレーザー手術(PVP)の利点>
●術後の痛み、出血が少ない(抗血栓治療中の方にも比較的安全に行える手術です)
●男性機能への障害が少ない
●入院期間が短い(3泊4日程度) ※従来は約10日程度の入院が必要

ー女性泌尿器科疾患についてー

・女性の腹圧性尿失禁手術
詳しくは、こちらをご覧ください。


対応疾患
・前立腺癌、腎癌、膀胱癌、精巣腫瘍、などの泌尿器科悪性腫瘍
・女性泌尿器科疾患: 過活動膀胱、尿失禁、骨盤臓器脱(膀胱瘤、子宮脱など)
・尿路性器感染症(膀胱炎、腎盂炎、性感染症など)
・排尿障害:前立腺肥大症、過活動膀胱、頻尿、尿失禁など
・尿路結石症
その他気になることがあれば何でもご相談ください。


月~土まで毎日診察日を設けていますが、女性医師による診療日もございますので、女性の患者さまでも相談して頂きやすい環境を整えています。女性の患者さまにおいては、相談しにくい悩みや、婦人科疾患と悩まれるような状況でも一度ご相談ください。


担当医
  • 真鍋 由美 医師

    出身大学:川﨑医科大学卒業
    資格:日本泌尿器科学会 専門医・指導医
       日本泌尿器内視鏡学会 腹腔鏡技術認定医
       日本内視鏡外科学会 泌尿器腹腔鏡技術認定医
       INTUITIVE社認定ダ・ヴィンチコンソール術者
       ICD制度協議会インフェクションコントロールドクター
    専門分野:泌尿器一般 女性泌尿器科

■外科

外科では日常的に最も多いけがである切り傷、すり傷や火傷のほか、床ずれ(褥瘡) などを治療しています。皮膚のできものや膿んでいるきずにも対応しています。また、消化器癌(胃癌・大腸癌など)、胆石・胆のう炎、脱腸(鼡径ヘルニア)などにも対応しています。

手術内容
当院では、消化器外科手術を中心にあらゆる一般外科手術を、腹腔鏡を用いて行なっています。必要に応じて京都府立医科大学消化器外科教室の先生に来て頂いています。また手術だけでなく癌化学療法(抗がん剤で治療する方法)も行っています。
金曜日には下肢静脈瘤外来を設け、静脈瘤の手術・治療を行なっています。
H28.01-12 H29.01-12
鼡径ヘルニア 9(3) 13(11)
大腸癌 0 2(2)
胆嚢摘出術 0 4(4)
腹壁ヘルニア 1(1) 1(0)
痔核手術 1 2
下肢静脈瘤手術 20 22

( )内は腹腔鏡手術

対応疾患
・外傷
・床ずれ
・消化器癌(胃癌・大腸癌)
・胆石
・下肢静脈瘤 など
・皮膚のできもの
・巻き爪
・お尻の病気(内房核)
・脱腸(鼡径ヘルニア)

担当医
  • 湊 博史 医師

■眼科

当院眼科では、京都大学医学部附属病院眼科チームの協力で、白内障をはじめ糖尿病網膜症、緑内障、その他あらゆる眼の診療治療をおこなっています。また、眼科手術は白内障手術を中心に、毎週木曜日に実施しています。

緑内障、糖尿病網膜症、黄斑浮腫、加齢黄斑変性といった疾病は、放置すると視力低下を引き起こします。これらを早期発見するために非常に有効な検査がOCT検査です。網膜の断面画像を撮影し疾患の状態を把握することができます。
緑内障は40歳を超えると20人に1人に認められる疾患です。糖尿病網膜症は糖尿病の三大合併症の1つであり、早期からの目の管理が非常に重要です。視力低下など目に異常を感じられる方、糖尿病をお持ちの方、40歳を超えたら一度OCT検査を受けて下さい。

診療内容
外来では緑内障や糖尿病網膜症といった慢性期疾患の定期的な診察を、手術は主に白内障、眼瞼手術を行っています。
対応疾患
・白内障
・緑内障
・糖尿病網膜症
・眼瞼下垂

■形成外科

当院では炭酸ガスレーザーを用いて治療を行っております。自費診療(場合により保険診療可)となりますが、短時間で治療ができ、ほとんど出血もなく傷痕も残りにくい治療です。詳しい治療については、当院医師またはスタッフまでお気軽にお尋ねください。

診療内容
ほくろ、イボ、シミはお化粧ではなかなか隠しきれず、年齢よりも老けて見られたり、位置によってはコンプレックスの原因となることもあります。現在では、メスを使わずにレーザーによって安全に、しかもキレイに取り除くことができます。

料金表

毎週金曜日、外来を行っています。

外来担当医表をみる

■内科

糖尿病内科

糖尿病、脂質異常症、甲状腺疾患、副腎疾患などの疾患が専門分野です。これらの病気は無症状のまま症状が進むことが多くあります。健康診断で血糖が高い、コレステロールが高い、血圧が高いなどの異常を指摘された場合や、動悸、ほてり、手の震えなどの症状に当てはまる方はお早めにご受診ください。

診療内容
糖尿病は自覚症状がなく、放置しておくと網膜症、腎症、神経障害の糖尿病3大合併症や脳血管障害、心筋梗塞・狭心症、閉塞性動脈硬化症などの動脈硬化性合併症がおこる危険性が高まります。それらを防ぐためには血糖コントロールが必要です。
対応疾患
・1型糖尿病
・高脂血症
・橋本病
・下垂体疾患
・2型糖尿病
・高尿酸血症
・亜急性甲状腺炎
・副腎疾患
・その他の糖尿病
・バセドウ病
・副甲状腺疾患

担当医
  • 橋本 雅生 医師

    出身大学:秋田大学 医学部卒業
    専門分野:内科(糖尿病)

■消化器内科

消化器内科では、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸などの消化管疾患と肝臓、膵臓、胆道疾患などを担当しています。
「ここ最近、胸が焼けるような感じが続いている」「便秘が少しずつひどくなってきた」「食後に胃が重くなる」「一日に何度も排便があり、困っている」「仕事で緊張した時やストレスが増えるとお腹が痛くなる」「1ヶ月程前から時々便に血液が付着しているが・・・」など、気になる症状があれば、お気軽にご相談下さい。

診療内容
患者さんに自身の病気や病状について、出来るだけ理解を深めていただけるように、丁寧でわかりやすい説明を心がけ、安心して通院できるような診療科を目指しています。

<内視鏡診療>
「今回の内視鏡検査はとても楽だったので、次回もここで検査してもらおう」と思っていただけるように、胃カメラでは、①検査に対する不安を軽減する、②検査中の“えずき“などの苦痛を軽減する、ことに配慮した内視鏡診療を行っています。大腸カメラでは下剤を服用して前処置を行いますが、頻回のトイレなどに不安がある方に関しては、個々に対応をご相談させていただいております。
対応疾患
・がん検診:食道がん、胃がん、大腸がん
・ヘリコバクターピロリ菌感染胃炎
・感染性腸炎
・機能性ディスペプシア(Functional Dyspepsia : FD)
・胆石症
・慢性膵炎 など
・便秘症
・胃食道逆流症・逆流性食道炎
・過敏性腸症候群
・胃潰瘍、十二指腸潰瘍
・大腸憩室症

担当医
  • 坂元 直行 医師

    出身大学:京都府立医科大学卒業
    資格:日本内科学会 総合内科専門医
       日本消化器病学会専門医
       日本消化器内視鏡学会専門医
       胃腸科専門医
       日本がん治療認定医機構
       がん治療認定医
       日本ハイパーサーミア学会認定医
    専門分野:内科・消化器内科・悪性腫瘍

外来:月曜日・火曜日・水曜日・金曜日に初診外来・再診(予約)外来を行っています。
入院:消化器疾患の診断や治療を行っています。

外来担当医表をみる

■循環器内科

循環器内科では、主に心臓と血管の病気を診断・治療します。主に、高血圧、動脈硬化、狭心症、心筋梗塞、心不全、不整脈などの病気を対象としています。


・特徴
◯高血圧
原因不明の一次性高血圧と、腎臓病やホルモン異常等が原因の二次性高血圧があります。高血圧の90%は一次性高血圧で、二次性高血圧は10%程ですが、二次性高血圧と分かれば原因を突き止め、治療することが大切です。

◯動脈硬化(狭心症・心筋梗塞)
高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病を放置していると、動脈壁内に侵入した悪玉コレステロールの代謝産物がプラーク(垢)を形成し、内腔に突出して血液が流れにくくなる事を動脈硬化といい、血管断面積の4分の3程度まで塞がると狭心症や急性心筋梗塞など様々な問題が起こります。

◯心不全
心臓の働きが不十分な状態で、代表的な症状は浮腫(むくみ)と息苦しさです。足の甲を手で押すとへこむ、体重が1日に2キロも増えるなどは浮腫の可能性が大きく、また、息苦しくて坂道が上れない、横になるより座って呼吸するほうが楽というのも心不全の症状。心不全は突然倒れるのではなくしばしば前触れがありますので、それを見逃さず受診しましょう。

◯不整脈
脈がとんだり不規則に早くなったりすることを不整脈といいます。色々な種類がある不整脈の中でも、心室細動・心室頻拍は突然死につながるので、詳しい鑑別と診断・治療が必要です。24時間連続して心電図を測る「ホルター心電図」や、心臓に運動の負荷をかけて心電図を測る「トレッドミル運動負荷試験」が心臓の状態を知るのに有効です。当院でもこれらの機器により不整脈や狭心症の診断に役立てています。
一般に、狭心症・心筋梗塞は50代から、心不全は60代から増えてきますので、中高年の方には特に注意を払っていただき、心臓・血管で気になることがあれば早めの受診を心掛けてください。


診療内容
月曜日から金曜日まで外来を行っております。
当科で行っている主な検査としては、心電図・トレッドミル運動負荷試験・24時間ホルター心電図・心エコー・末梢動脈の脈波検査・胸部レントゲン検査・CT・MRI等があります。患者様の病状に応じて、病気の早期発見、早期治療に努めます。
対応疾患
・高血圧
・狭心症
・心筋梗塞
・心筋症
・弁膜症
・心不全
・不整脈
・大動脈疾患
・末梢血管疾患 など

担当医
  • 上床 博久 医師

    出身大学:京都大学(昭和46年卒業)
    資格:日本内科学会総合内科専門医
       日本循環器学会認定循環器専門医
       日本医師会認定産業医
    専門分野:循環器一般、心不全、冠動脈疾患

月曜日から金曜日まで外来を行っております。また、月曜日には内分泌・高血圧外来、水曜日には不整脈外来を行っています。

外来担当医表をみる

■呼吸器科

呼吸器科では、肺の疾患を中心として、それ以外にも気管、気管支、胸膜、縦隔やこれらに関与する血管の障害等の幅広い疾患を診療します。

診療内容
呼吸器の病気は種類が多く、程度も様々です。肺炎、気管支喘息、COPD(肺気腫)、肺がんのほか、肺結核、胸膜炎、気胸、それらに起因する呼吸不全等もあります。 当科では、これら全般にわたる診療に当たっておりますので、咳や痰がつらい、息切れがするなどの呼吸器の症状でお悩みの方、健康診断などの胸部X線で異常を指摘された方などは、お気軽にご相談ください。
対応疾患
・肺炎
・COPD(肺気腫)
・肺結核
・気胸
・気管支喘息
・胸膜炎
・呼吸不全
・肺がん

担当医
  • 浅見 則夫 医師